有田 知里さん

有田 知里さん

【学んだ証、志を証明する】
埼玉県で一番初めにキャンドルの専門教室を開校され今年で8年の有田知里さんへキャンドル教室への取り組みなどをインタビューさせていただきました。

幅広い活動を埼玉県川越市の地域を中心にされていますが一番力を入れている取り組みは?

各種キャンドル専門講座を通じて、キャンドル教室開講を目指す方、キャンドルアーティストを目指す方のお手伝いをすることです。
キャンドル作りが広まった現在も、埼玉県にはまだまだキャンドルの専門技術を伝える教室が少ないと思います。
様々な事情で都内まで通うことが難しく、学ぶ場所を探している方に通いやすい環境を提供したいという思いから、専門講座に力を入れた教室作りをしています。

キャンドル教室・花織STUDIOに通われている時、キャンドル教室を開講された時も子育て真っ最中でとてもお忙しい時期を過ごされたと思います。

まだ子供が小さかった頃は家庭の用事を優先に無理をせず活動、お勉強してきました。
初めからそういうスタンスでしたので、大変と感じることはあまりありませんでした。
活動出来る時間は現在よりずっと少なかったですが、その分、頂いたお仕事は丁寧に、出会いを大切にと心がけてきました。有難いことに、今もその当時のご縁でお仕事を頂いています。

とても勉強熱心で常に前向きな有田さんは、受講生の方々とのコミュニケーションも大切にされていますね。

ちゃんと出来ているかは自信がありませんが・・・生徒さんのライフスタイルを優先し、ご要望にできる限り応えること。情報量が多い昨今ですので、質問に的確に答えられるように、自分自身情報収集を怠らないことを心がけています。

最後に、展示会で何度も受賞されている有田さんですが、有田さんにとってのキャンドル作りとは?

キャンドルを作ることが出来る、教えることが出来るということで、専業主婦だった私が社会と繋がることが出来た大切なツールです。
学生時代からもの作りとは無縁だった私でも<キャンドルの先生>と呼ばれて8年が経とうとしています。
資格や認定証は必要ないというご意見もありますが、
学んだ証、志しを証明するものは<修了認定証>ではないかと考え、資格取得に重点を置いた教室作りをしています。
<川越のTwin Tail>の卒業生はちゃんと活躍していて、しっかりキャンドルが作れると言っていただけることが私の目標です。

【最後に一言】

キャンドル作りにしても、教室開講にしても、<何から初めていいのか分からないという方>は多いのではないでしょうか。悩みや不安を言葉にして、周りを巻き込んでいくと、おのずと道は見つかるのではないかと思います。ご縁を大切に、キャンドルの力を味方につけて、一緒に頑張っていきたいと思います。


キャンドルスクール川越 Twin Tail 有田 知里